TOP >みのかも文化の森とは
  みのかも文化の森とは
森

「みのかも文化の森/美濃加茂市民ミュージアム」は
次のようなことを目指します。

 

 「みのかも文化の森/美濃加茂市民ミュージアムは、枠にとらわれない市民文化施設として「自然との共存」「学校教育との連携」「市民のちから」「地域づくり」を理念に掲げ、子どもから大人までの知的好奇心に幅広く応えるため、2000年(平成12)10月1日にオープンしました。
 さまざまな地域資源が活かされ、ここで自由で深まりのある文化活動と多様な交流が行われるよう願っています。
 次の四つの理念のもと、人々の「くらしの一部」として利用され続けるとともに、まちや社会にとって必要とされる場になることをめざします。

 

自然との共存

 豊かな里山や森のたたずまいをたっぷり「体感」できる場でありたいと思います。身近な自然や生態系から学ぶことの大切さを知り、くらしの豊かさを考える場とします。

 

学校教育との連携

 ミュージアムにある様々なモノやコトをいかした、感動と深まりのある学びができる場とします。さらに、子どもが将来にわたって幅広く知的好奇心を持ち続けられるよう支援します。

 

市民のちから

 市民の自由な発想と自発的な動きはミュージアムの活動をささえます。協働しておこなう新しい取り組みや企画は、新しい力や可能性となって次へつながっていきます。

 

地域づくり

 「博物館」や「教育・文化」という限られた枠にとらわれることなく、人々のふだんの生活の一部として心地よく利用され、地域にとって必要とされる文化的な交流の拠点となります。