サイトマップ

TOP >刊行物・ショップ >展示図録

展示図録

「ラインの風景」展‐めぐる人々とその歴史‐
展覧会へ
図書名「ラインの風景」展‐めぐる人々とその歴史‐
価格200円
発行年2015年4月18日
判型A4
頁数12
重量61g
内容平成27年4月から6月に行われた企画展「ラインの風景」展のミニパンフレット。大正期から昭和初期にかけて創り上げられた名所「日本ライン」(木曽川)の変遷と、「風景」「郷土」の魅力にあらためて気づいた人々の意識の芽生えを紹介。展示資料の一部を掲載。

「堀江良一展図録 版画・油彩」
展覧会へ
図書名「堀江良一展図録 版画・油彩」
価格500円
発行年2013年4月20日
判型A4
頁数19
重量127g
内容平成25年4月から6月に行われた「堀江良一展 版画・油彩」の展示図録。 堀江良一の1960年代から現在までの半世紀近くにわたる多彩な制作作品を紹介しています。

岡本一平展 −世態人情を描く−
展覧会へ
図書名「岡本一平展 −世態人情を描く−」図録
価格400円
発行年2013年2月9日
判型A4
頁数18
重量87g
内容平成25年2月から平成25年3月まで行われた「岡本一平展 −世態人情を描く−」の展示図録。 「漫画家 岡本一平の仕事」「一平の肉筆漫画」「新水や空 俳優の部」「一平と坪内逍遙、かの子」「『新水や空 政治家の部』、洋行」「疎開、岐阜での活動」について紹介しています。

没後50年 津田左右吉展図録
展覧会へ
図書名没後50年 津田左右吉展図録
価格1,000円
発行年2011年10月14日
判型A4
頁数72
重量296g
内容平成23年12月から平成24年3月に行われた「没後50年 津田左右吉展」の展示図録。「津田の生い立ちと風土、時代」「記紀批判の成立」「国民思想研究の展開」「東洋思想史研究」「津田事件」「生活・交流・影響」について紹介しています。

坂井範一展図録2010 −すきなものをすきなように−
展覧会へ
図書名坂井範一展図録2010 −すきなものをすきなように−
価格800円
発行年2010年1月30日
判型A4
頁数51
重量270g
内容平成22年1月から3月に行われた「すきなものをすきなように坂井範一展」の 展示図録。愛らしさと鮮烈さを兼ね備えたモダンな作品を紹介しています。

蜂屋柿 その歴史と人々 展
展覧会へ
図書名 蜂屋柿 その歴史と人々 展
価格 500円
発行年 2008年12月13日
判型 A4
頁数 28
重量 182g
内容 平成20年12月から平成21年2月まで行われた「蜂屋柿 その歴史と人々」展の展示図録。蜂屋柿に関わる人々とこの地域の歴史をさまざまな側面から紹介した展覧会の展示資料及び展示図版の一部を掲載。

暮らしを彩る明治の「刷り物」展 ―半原版画館コレクションから―
図書名 暮らしを彩る明治の「刷り物」展 ―半原版画館コレクションから―
価格 100円
発行年 2008年7月12日
判型 A4
頁数 6
重量 54g
内容 地質学者でもある糸魚川淳二氏が館長を務める半原版画館(瑞浪市日吉半原)に収蔵された2,000点を超えるコレクションから、庶民の暮らしを彩った石版画の数々を紹介します。石版画は当時「刷り物」と呼ばれ、庶民が自ら手に取り楽しむ絵画として流通していました。印刷技術が移り変わる中、写真に近い再現性をもった石版画は明治20年代に最盛期を迎えます。石版技法の変遷と明治の歴史とを紹介し、多様な美しさと面白さをみせる石版画の数々を紹介します。

岐阜縣二人展 松本竣介・麻生三郎
図書名 岐阜縣二人展 松本竣介・麻生三郎
価格 300円
発行年 2008年2月2日
判型 A4変型
頁数 14
重量 50g
内容 可児郡を中心とするこの地域には、亜炭の採掘で反映した時期がありました。1947年、伏見口駅前(現・明智駅)にあった亜炭の従業員労働組合本部で行われた松本竣介と麻生三郎の展覧会と、亜炭をめぐる人々や地域の歴史を紹介します。

大矢峻嶺 展
図書名 花をみる 鳥を描く 大矢峻嶺 展
価格 800円
発行年 2007年2月3日
判型 A4
頁数 44
重量 281g
内容 美濃加茂市伊深町を出身地とする日本画家・大矢峻嶺。大正、昭和の京都画壇
を歩み、岐阜の各地で多くの作品を描き遺した峻嶺の作品を紹介します。

素材への思い−力と可能性−展
図書名 素材への思い−力と可能性−展
価格 500円
発行年 2005年9月17日
判型 A4
頁数 16
重量 120g
内容 石の魅力にひかれて数多くの石彫作品を残した佐光庸行、素材に向き合いかたちの追求に時を費やす、土の伊藤慶二、鉄の大嶽有一らの作品を紹介した展示図録。

情熱の人・坪内逍遙
図書名情熱の人・坪内逍遙
価格800円
発行年2005年2月5日
判型A4
頁数61
重量245g
内容 平成17年2月〜3月に行われた「情熱の人・坪内逍遙展」の展示図録。
逍遙の生い立ちからその業績に至るまでの展示資料のほか、特別寄稿を掲載。

まちの観察日記
図書名まちの観察日記
価格700円
発行年2004年7月28日
判型14.7×14.7
頁数73
重量111g
内容 平成16年7月から8月に行われた「まちの観察日記展」の展示図録。 現代を生きる人々のくらしのようすをまち歩きで発見し、研究者がこの展覧会で作品として発表したものを掲載。

津田左右吉−その人と時代−
図書名津田左右吉−その人と時代−
価格600円
発行年2004年2月8日
判型A4
頁数63
重量243g
内容 平成16年2月〜3月に行われた「津田左右吉−その人と時代−展」の展示図録。期間中に展示された資料のほか、津田の業績についての特別寄稿を載せている。

中川ともと坪内節太郎-芝居絵の世界展
図書名中川ともと坪内節太郎-芝居絵の世界展
価格600円
発行年2003年9月17日
判型A4
頁数24
重量200g
内容 平成15年9月〜10月に行われた「中川ともと坪内節太郎-芝居絵の世界」展の展示図録。二人の芝居絵の作品を中心に、展示作品の一部を紹介しています。

美濃加茂にサイやゾウがいた頃 みのかもの大地と化石
図書名美濃加茂にサイやゾウがいた頃 みのかもの大地と化石
価格800円
発行年2003年7月10日
判型A4
頁数51
重量304g
内容 平成15年7月〜8月に行われた「美濃加茂にサイやゾウがいた頃」展の展示図録。この地域の地層や化石を写真で紹介。

色と形と冒険「坂井範一とゆかりの作家」展
図書名色と形と冒険「坂井範一とゆかりの作家」展
価格700円
発行年2003年2月8日
判型A4
頁数37
重量305g
内容 美濃加茂市出身の洋画家・坂井範一とゆかりの作家たちの作品を紹介します。

「ミノ」「カモ」の古代 ―御野国戸籍から1300年― 展
図書名「ミノ」「カモ」の古代 ―御野国戸籍から1300年― 展
価格500円品切れ
発行年2002年9月14日
判型A4
頁数30
重量160g
内容 平成14年9月14日〜10月14日に開催された美濃国と加茂郡の古代についての企画展の展示図録

「発掘された尾崎遺跡 この地に人が残したもの」展
図書名「発掘された尾崎遺跡 この地に人が残したもの」展
価格500円
発行年2002年7月24日
判型A4
頁数26
重量180g
内容 平成14年7月24日〜9月1日に開催された「美濃加茂市民ミュージアム企画展」の紹介

暖かみあふれる自然の詩情「川崎小虎」展
図書名暖かみあふれる自然の詩情「川崎小虎」展
価格600円
発行年2002年2月9日
判型A4変型
頁数35
重量185g
内容 近代日本を代表する日本画家・川崎小虎(かわさきしょうこ)の作品「夜の蔵」・「聖書を持つ少女」などを紹介します。

「文字の登場、そして広まり−古代中世の人と文字をめぐって− 」展
図書名「文字の登場、そして広まり−古代中世の人と文字をめぐって− 」展
価格500円
発行年2001年9月22日
判型A4
頁数57
重量275g
内容 この企画展では、過去における人と文字の関係を出土した文字資料から考察しています。過去の状況との相違に想いを巡らせることで、身近すぎて捉えにくくなってしまった文字との関わりを考える機会となるのではないでしょうか。

親子の対話 岡本一平・岡本太郎展
図書名親子の対話
岡本一平・岡本太郎展
価格900円
発行年2001年2月10日
判型A4
頁数39
重量280g
内容 美濃加茂市民ミュージアムの開館を機に、天衣無縫の優れた芸術家・岡本一平、岡本太郎の展覧会「親子の対話」を開催。二人との関わりと、多くの作品を交えて紹介しています。

ART&NATURE 芸術と自然
図書名ART&NATURE 芸術と自然
価格800円
発行年2001年3月20日
判型17.5×19.5
頁数87
重量180g
内容 芸術と自然について、また自然観や環境問題について「場」として、芸術作品を鑑賞すると同時に、対談・ワークショップなどを通じて、人々に「人と自然と芸術」を考える「場」を提供。

村絵図と日本図
図書名村絵図と日本図
価格100円
発行年2000年11月8日
判型A4
頁数6
重量80g(古地図つき)
内容 近代的な「地図」が作成される以前、日本国内では目的に応じてさまざまな絵図が作られました。今回は市内現存の村絵図を出発点に、その一端をご紹介します。「古地図」を通して、江戸時代を探求してみてください。

みのかも文化の森 美濃加茂市民ミュージアム 展示案内
図書名みのかも文化の森 美濃加茂市民ミュージアム
展示案内
価格500円
発行年2000年10月1日
判型22cm×20cm
頁数24
重量85g
内容 市民ミュージアム内常設展示室、民具展示館、「まゆの家」生活体験館の案内書として作成されたものです。

トップ