TOP >森の道草
  森の道草
≪前へ 01 02 03 04 05 06 07 08 次へ≫
 [61] 紅梅が咲いています。 2017/02/15 [PM2:31:59] 
 芝生広場では、芝の張り替えのため、工事中。一部迂回をお願いしているところもあります。
 まゆの家のニワでは紅梅が先週から咲き始めました。濃い桃色が美しいです。こちらにも足を運んでいただければと思います。



 近くの白梅はまだつぼみ。





[紅梅が咲いています。:]
 [62] ひっそりと… 2017/02/03 [PM3:45:48] 
 広い芝生の広場も、全体的に茶色になるこの季節。ロゼッタをところどころでみることができます。



 タンポポもこっそり咲いていました。
 まだ寒いので、タンポポの葉も赤く焼けています。

 





[ひっそりと…:]
 [63] 雲ひとつない 2017/01/26 [PM1:12:35] 
本日 午前中のみのかもは雲ひとつない空。
文字も入れずに、青い空の色を。




冷たい空気をしばし忘れて、見とれてしまいました。





[雲ひとつない:]
 [64] フィールドサイン!! 2017/01/21 [AM11:55:35] 
 今朝うっすらと雪がつもった文化の森。これまでに見たことのないフィールドサインを発見!!

 きれいなY字ではないけれども、おそらくノウサギのものと思われます。時計台のあたりから芝生広場の南側を走って戻って行った足跡がありました。





[フィールドサイン!!:]
 [65] ロゼット 2017/01/20 [PM1:00:13] 
 この時期、よく見られるロゼット。これはタネツケバナの仲間のようです。

 太陽の日差しをいっぱい浴びることができるよう、という植物の知恵です。





 庭に生えていると大変ですが。

 





[ロゼット:]
 [66] 道草(他の地区のすてき) 2017/01/19 [PM4:19:53] 
 山之上町内に下見に行きました。まだ14日から15日にかけて降った雪の残っている場所に、いろいろな足跡が!!

 残念ながらはっきり形の分かるものは1種類しかありませんでしたが、複数の野生の生き物がいることがわかります。





[道草(他の地区のすてき):]
 [67] 霜柱 2017/01/17 [PM4:55:13] 
朝冷え込む日が続いています。

森の中でも、「しもばしら」を見ることができるようになりました。
土の中の水分が毛管現象(液体が細い管にふれたときに、管の中をその液体が液の表面よりも高くなったり低くなったりして地表まで上がりする現象)によりできたもの。

「しもばしら」は気温が0℃以下、土の中の気温が0℃以上の時にできるようです。





[霜柱:]
 [68] 雪が降りましたね。 2017/01/15 [AM10:53:47] 
 全国的に雪の週末となりました。
 
 真っ白の芝生広場もすてきでしたが、スギの木立の中に積もった雪と雑草の色がとてもすてきに見えました。





[雪が降りましたね。:]
 [69] トリの落としもの 2017/01/13 [PM1:57:37] 
 森の中を歩いていたら、トリの落としものを見つけました。センダンの実です。文化の森の中にはセンダンが生えていないので、どこかで食べたトリがここで落して行ったようです。

 6つの稜(りょう)のある特徴的な形のタネです。





[トリの落としもの:]
 [70] 地面の下で 2017/01/11 [PM4:35:28] 
 「四季を食べる講座」でも好評の「手づくりこんにゃく」の材料となるこんにゃくいも。寒い時期に一度掘り出し、春に再び植えます。

 随分遅くなってしまいましたが、本日イモホリをしました。

 地面の下でも、「大きくなろう!」と準備をしています。


 直径20センほどに成長していました。そろそろ、こんにゃくになってもらってもいいかもしれません。





[地面の下で:]
 [71] まゆの家のウメ 2017/01/05 [AM10:31:16] 
本日は、二十四節季の小寒(しょうかん)。
これから節分まで本格的な寒さの日が続くと言われています。


しかし、植物はもう次の季節の準備にとりかかり始めているようです。
写真は、昨日のまゆの家の紅梅の様子。赤い花が楽しみです。





[まゆの家のウメ:]
 [72] 文化の森、2017年は本日から 2017/01/04 [AM9:42:06] 
 6月に白い花をつけていたまゆの家の前のナンテンには、今真っ赤な実がついています。

 花も少ないこの季節、多くのトリも魅了する赤い実を、とてもあたたかく感じます。





[文化の森、2017年は本日から:]
 [73] 年の瀬に(他の地区のすてき) 2016/12/28 [PM1:37:04] 
 文化の森は、年内今日までの開館です。

 三和町内へ調査に出かけて見つけた、今の時期ならではのすてき。積まれた石の間から生えていました。
 つやつやした赤い実が魅力のマンリョウは、トリもついばみに飛んできます。


 夏に咲く、白い花も魅力的。
 





[年の瀬に(他の地区のすてき):]
 [74] ふっかふかです。 2016/12/17 [PM1:07:59] 
 文化の森の北側の森、アベマキやコナラなどの落葉の木々が生えています。今森の中は、落ち葉がたくさん。
 歩くたびに、かさかさっと音がします(10月ごろは、アベマキヤコナラなどドングリの落ちる音がしましたよ!)。

 
 ふっかふかの冬の森をお楽しみいただけます。
 (残念ながら、写真ではそのふかふか感がうまく伝わりませんが。)

 





[ふっかふかです。:]
 [75] ひっつきむしの季節ですね11(他の地区のひっつきむし) 2016/12/07 [AM9:31:15] 
 コセンダングサによく似た、アメリカセンダングサ。これも化石林公園で出会いました。

 2本のとげを拡大すると、逆向きの「ひっかかり」が付いています。
 自分に「ひっついてしまった」タネの姿をとらえることができました。





[ひっつきむしの季節ですね11(他の地区のひっつきむし):]
 [76] ひっつきむしの季節ですね10(他の地区のひっつきむし) 2016/12/06 [PM2:02:22] 
12月3日に化石林公園に標本採集に出かけたときに出会いました、オオオナモミ。ひっつきむしの代表格ですね。とげとげの先端が逆向きになっていてこれにひっつきますが、ひっついても「するり」ととれます。
 


 文化の森周辺にも数年前までありましたが、まだ今年は見つけることができていません。





[ひっつきむしの季節ですね10(他の地区のひっつきむし):]
 [77] 12月のチョウ(他の地区のすてき) 2016/12/03 [PM2:24:21] 
 いろいろな植物のタネを集めに化石林公園へでかけました。



 暖かい日差しの中、ベニシジミやキチョウなど、数種類のチョウがふわふわ飛んでいました。
 雨、風の季節を過ごしてきたチョウ。久しぶりのキチョウは、翅の傷みも大きいですが、がんばってるよ、言いたげに被写体になってくれました。





[12月のチョウ(他の地区のすてき):]
 [78] 12月になりました。 2016/12/01 [AM10:51:43] 
 毎朝通っている散策路の脇で見つけました、フユノハナワラビ。
(昨日も通った同じ道ですが、昨日は気づかず)。

 つぶつぶのアワのような胞子のうが目立ちます。




 ちょん、と指で触ってみたら、「ぶわっ」と胞子が飛びました。シダの仲間。





[12月になりました。:]
 [79] コナラの一生のはじまり 2016/11/27 [PM5:20:19] 
 文化の森の中には、コナラ、アベマキ、アラカシ、ツブラジイ、クリの5種類のドングリを見つけることができます。
 そして、地面に落ちたドングリは、さっそく新しい一生を始めます。

 コナラのすてきな姿を発見!(2016年11月25日撮影です。)
 大きくなあれ。 
 





[コナラの一生のはじまり:]
 [80] ひっつきむしの季節ですね9 2016/11/23 [PM2:49:34] 
 先週17日に出会ったひっつきむしのシロノセンダングサ。
 コセンダングサの変種です。

 花の少ない今の時期、白い舌状花が目にとまりました。
 





[ひっつきむしの季節ですね9:]
≪前へ 01 02 03 04 05 06 07 08 次へ≫