TOP >展覧会 平成29年度(2017)展覧会 >河村るみ When I am laid in earth -私が大地に横たわるとき-
  [美濃加茂市民ミュージアム 現代美術レジデンスプログラム]
 河村るみ When I am laid in earth -私が大地に横たわるとき-
[美濃加茂市民ミュージアム 現代美術レジデンスプログラム] 河村るみ When I am laid in earth -私が大地に横たわるとき-


 美濃加茂市民ミュージアムでは開館以来「芸術と自然」をテーマに現代美術作家によるレジデンスプログラムを開催してきました。今年度は自分自身が生きているということの思索を身体で表現するアーティスト・河村るみ(1980年~)を紹介します。
 河村るみは、世界と「私」との関係性の中で、自身の立ち位置が変化することで、世界も変化することを自らの行為と共に映像記録していきます。行為は歩く、立つ、座る、寝る、見つめる、描くといった日常の動作を繰り返すというシンプルなものです。毎日同じ場所で同じ行動を繰り返すパフォーマンスと、その状況を撮影した映像を同じ場所に映写し、インスタレーションとして発表します。同じことを繰り返しても全く同じになることはなく、折り重なる像は人の存在の揺らぎを提起し、生きているということの曖昧さを露わにします。
 展覧会名の「When I am laid in earth」とは、パーセル作曲のオペラ「ディドとエネアス」で、ディドが自ら命を絶つ前に歌うアリアの題名に由来します。作家は今、生と死のはざまについて考えを巡らせています。2017年1月に開催した名古屋市美術館での展覧会では、実母を看取った経験を絵画、映像、パフォーマンスによって表現しました。今回の美濃加茂での滞在制作では、死の直前に見る風景を思い森の中でパフォーマンスを行い、展覧会では映像による空間構成を試みます。
 積み重ねていく時間を身体で視覚化する河村るみの表現は、時が過ぎ去り存在が見えなくなったとしても、その場にいた人や起こった出来事のすべてが消えてしまうわけではないという、ほのかな希望を伝えてくれます。生きていくこと、死ぬこと、すべてを受け容れる強さと柔らかさを宿した空間を体感していただければ幸いです。


会期: 平成29年9月9日(土曜日)~10月22日(日曜日)
時間: 午前9時~午後5時
10月7日(土曜日)のみ午後9時まで開館、雨天の場合は8日(日曜日)に順延
休館日: 月曜日(ただし祝日の場合は開館し、直後の平日休館)
観覧料: 無料
会場: 美濃加茂市民ミュージアム 企画展示室・美術工芸展示室
主催: 美濃加茂市民ミュージアム+アートボランティア
関連企画  1   [ 河村るみ ワークショップ「美濃加茂の風景-見る 映す うつす」 ]

 中山道太田宿界隈で開催しているアートプロジェクトチーム「きそがわ日和」との共催で、一般の参加者が撮影した美濃加茂の森と町の映像を使ったワークショップを行います。
ワークショップ1: ミュージアムの風景-見る 映す
内容: 誰かが美濃加茂を撮影した映像を、大きな紙の上に投影して線をなぞるように、みんなで絵を描くワークショップを10月8日に行います。その時に使うための映像を撮影します。1では、ミュージアムの色々な風景を撮影します。
期日: 平成29年8月24日(木曜日)
時間: 午後1時~4時
会場: 美濃加茂市民ミュージアム エントランスホール(カフェ前スペース)
参加料: 無料
定員: 20名
申し込み方法: 当日12時半から随時受付

ワークショップ2: きそがわの風景-見る 映す
内容: 川沿いの町の色々な風景を撮影しましょう。雨天の場合は10月1日に延期します。
期日: 平成29年9月30日(土曜日)
時間: 午前10時~午後4時
会場: 美濃加茂市御門町 中之島公園(旧ライン下り乗り場)
  *ワークショップ きそがわびより2017
参加料: 500円(きそがわ日和ワークショップ会場への入場料)
主催: 特定非営利活動法人 きそがわ日和
  ◎詳しくはHPをご覧下さい。http://www.kisogawa-biyori.com

ワークショップ3: 映す 写す うつす
内容: ワークショップ1・2で撮影した映像を、巨大な紙の上に投影して線をなぞるように絵を描きます。描いた絵は最後に展示します。クレヨンを使います。汚れてもいい服装でおこしください。
期日: 平成29年10月8日(日曜日)
時間: 午後1時~4時
会場: 美濃加茂市民ミュージアム エントランスホール
参加料: 無料
定員: 20名
申し込み方法: 当日12時半から随時受付

関連企画  2   [ インスタレーション「暮らしの風景」+アーティストトーク ]

 敷地の中にある竪穴住居(尾崎遺跡・古墳時代後期)にて、かつて暮らしていた人々を想像する、一夜限りのインスタレーションを行います。18時からは展示室でアーティストトークを開催します。
期日: 平成29年10月7日(土曜日) 雨天の場合は8日(日曜日)に順延
時間: 午後6時~9時
会場: インスタレーション みのかも文化の森内 遺跡の森 竪穴住居
アーティストトーク(午後6時~) 企画展示室
参加料: 無料