TOP >展覧会 展覧会 令和元年度(2019)展覧会一覧 >美濃加茂市民ミュージアム 現代美術レジデンスプログラム  竹田尚史 質量の泉と重力の霧
  美濃加茂市民ミュージアム 現代美術レジデンスプログラム
  竹田尚史 質量の泉と重力の霧
竹田尚史 質量の泉と重力の霧

 美濃加茂市民ミュージアムでは「芸術と自然」をテーマに、現代美術家による滞在制作と展覧会を開催してきました。今年度は自然界の質量や重力に着目し、立体作品や写真、インスタレーションなどの多様な表現を展開する竹田尚史(1976年~)を紹介します。
 作家は愛知県を拠点に東海地方のギャラリーや美術館での発表、造形ワークショップなどを各地で開催してきました。当館の森を舞台に作家たちが各々に、新たな表現の実験を行う企画「みのかもannual」に初期から参加しているメンバーの一人でもあります。
 物理的な関心を持つ作家はしばしば、はかりや時計といった数字を司る道具を素材として用います。それらの針を意図的にずらす、逆回転させるなどして通常の計測結果と異なる数値を表示させます。あるいは物体を解体したり、別の物質に置き換えたりします。するとモチーフは重力や質量、時間を示す数値から解かれた状態で現実の中に浮遊する不可思議な存在となります。固定概念から放たれるような機知に富む幾つもの試みがひとつの部屋に集合し、現実と背中合わせの仮想の世界が築かれます。
 作家はまた、初期の頃から自分自身の身体と同等の質量を空気や水などに置き換える試みを続けています。今回の滞在制作では、ミュージアムを囲む森の中で自分の質量を探します。そして森の素材を用いて、その質量を変換することを展示室と森の中で展開します。
 私たちにとって質量・重力・時間は、概念として認識していながらも、実感として掴みきれない存在でもあります。竹田尚史はそれらを、自分の身体を通じて目の前に表そうと試みます。作家が創り上げるフィクションとノンフィクションが混在する空間に身を置く時、この世界を自分自身の感性でどう把握して生きていくのか、思いを巡らせるきっかけとなれば幸いです。


会期: 2019年(令和元年)9月21日(土曜日)~10月27日(日曜日)
休館日: 月曜日(ただし祝日の場合は開館し、直後の平日休館)
時間: 午前9時~午後5時
会場: 美濃加茂市民ミュージアム 企画展示室、美術工芸展示室、森
観覧料: 無料
主催: 美濃加茂市民ミュージアム+アートボランティア
関連企画 ●ワークショップ 空想授業「光の速度とカメの速度」
内容: 森の中に小さな学校をつくります。森をくしゃっとさせる実験をしたり、宇宙の中心はどこにあるのだろうかと考えてみたり、本当の本当は何なのかを探す授業を行います
期日: 2019年(令和元年)9月29日(日)
時間: 午後1時30分~3時
集合場所: みのかも文化の森 森の中 (集合はエントランスホール) 
参加料: 無料
定員: 20名
申し込み方法: 事前申込
申込期間 8月20日(火)~9月13日(金)
はがき(住所・氏名・電話番号、参加希望の講座名を明記、みのかも文化の森宛)、ご来館、文化の森ホームページ講座申込専用フォームのいずれかの方法でお申し込み下さい。電話、Faxによる受付は行いません。応募者多数の場合は抽選となります。
定員に満たない場合には、当日受付も可能です。
関連企画  ●竹田尚史アーティストトーク
内容: 展示室で作品を見ながら、作家の制作活動や今回の滞在制作について語ります。
期日: 2019年(令和元年)9月21日(土)
時間: 午後2時~3時
会場: 企画展示室・美術工芸展示室
参加料: 無料