TOP >森の道草
  森の道草
≪前へ 01 02 03 04 05 06 07 08 次へ≫
 [41] ツバキの花 2018/03/14 [PM2:16:00] 
 まゆの家の南側の雑木林に、ツバキが植えてあります。ここのツバキの花が少しずつ咲き始めました。

 赤、白、桃色。
 少しだけ春らしい雰囲気がします。

 





[ツバキの花:]
 [42] 今年度 最後の大人の観察会で 2018/03/13 [PM1:26:23] 
 2018年3月10日は、2017年度最後の大人のための植物観察会で、蜂屋を歩きました。蜂屋連絡所から北の方へ歩くと、ツクシやフキノトウ、スミレの仲間など、春の植物に出会うことができました。

 そして暖かい陽気に誘われて、成虫で越冬したテングチョウも参加!
 太陽の日を浴びて充電しながら、ふわりふわりと飛んでいました。





[今年度 最後の大人の観察会で:]
 [43] ヤママユの仲間のまゆ 2018/02/23 [PM2:09:19] 
 講座の下見にでかけた山之上で見つけました、ヤママユの仲間のまゆ。

 枯れた枝で、明るい緑色のまゆがとても目立ちました。





[ヤママユの仲間のまゆ:]
 [44] ヒレンジャクを確認 2018/01/26 [PM4:29:18] 
 1月号の「広報みのかも」でご紹介したヒレンジャクが観られるとのたよりをいただき、観に行ってきました。くちばしに氷を付けた個体もいました。

 
 頭のふさふさ(冠羽)や尾の先の色を広報と見比べていただけたらと思います。





[ヒレンジャクを確認:]
 [45] カキの実にたくさんのトリがやってきます。 2018/01/21 [PM2:24:57] 
 南駐車場の近くに生えているカキ。今日はヒヨドリがやってきていました。
 
 柔らかくなったカキをついばむ数羽のヒヨドリの姿を見ることができました。
 





[カキの実にたくさんのトリがやってきます。:]
 [46] フキノトウを見つけました 2018/01/16 [PM1:27:56] 
 一年で一番寒い大寒(だいかん)が近づいてきました。
 文化の森の森の中も、冬のはりつめた、きりりとした空気が感じられます。

 でも確実春はそこに。フキノトウを見つけました。





[フキノトウを見つけました:]
 [47] 2018年は本日から 2018/01/04 [AM10:36:40] 
 2018年、文化の森は1月4日の本日から開館しています。

 朝9時前、まゆの家の東側の日陰で見つけた霜柱。昨年のものほどの「もりあがり」は見られませんが、寒さが厳しくなってきていることを感じます。

 今年も、のんびりのんびり道草をしていきたいと思います。
 どうぞよろしくお願いします。





[2018年は本日から:]
 [48] ソヨゴの実 2017/12/28 [AM10:12:50] 
 この時期、赤い実をつける樹木は多いですがその一種にソヨゴがあります。
 まゆの家の玄関にある門松にもソヨゴの一枝が。この門松は佐野一彦の「伊深日記」を参考にしたものです。

 このあたりの門松には、ソヨゴ(別名フクラド。福が来るという意味)を添えたとのことです。


 文化の森は、年内は12月28日まで、1月は4日から開館です。





[ソヨゴの実:]
 [49] ヒサカキの実を食べに 2017/12/23 [PM4:20:39] 
 ヒサカキの黒い実がひっそりと、しかし鈴なりについています。

 朝はメジロが、お昼近くにはシロハラがついばみに来ていました。シロハラの食事風景をパチリ。





[ヒサカキの実を食べに:]
 [50] 木石、またの名を珪化木 2017/12/07 [PM3:26:46] 
 文化の森にも展示している木の化石の「珪化木(けいかぼく)」。
 みのかもの子どもたちの間では、「木石(きいし)」と呼ばれ、親しまれています。「アスファルトやコンクリートに文字や絵を描いて遊ぶよ」と。

 試しに書いてみました。
 はっきり、きれいに書けました(書いた後は、消しておこう)。





[木石、またの名を珪化木:]
 [51] キリの種子たくさん 2017/11/28 [PM2:24:13] 
 ずいぶん、道草をしていました。

 5月に薄紫色の花をつけたキリも、タネのできる季節。
 もうすでに旅立ったタネたちもあったようですが、ぱっくり開いた口から、たくさんのタネが見えました。


 ひらひら、風によく舞います。





[キリの種子たくさん:]
 [52] プレ企画「七宗へ」開催。 2017/06/25 [PM3:53:21] 
 お天気が心配でしたが、夏の展覧会の「プレ企画 お出かけ講座七宗へ」を開催しました。

 地域おこし協力隊の土屋さんに「七宗の魅力」をお話いただき、七宗町の飛水峡のチャートの植物を観察。

 雨上がり後の霧のかかった景色の美しさ、ハザカケやてもみちゃづくり、お蚕様など、手仕事のある暮らしのすてきなお話を聞きました。





[プレ企画「七宗へ」開催。:]
 [53] 大人のための植物観察会で 2017/06/11 [PM5:05:05] 
 6月10日は2回目の「大人のための植物観察会」(場所:中之島公園)でした。
日差しは暑かったのですが、時折吹く風が気持ちの良い天気。


 ベニシジミ、ツバメシジミ、モンキチョウなどのチョウが風に飛ばされまいとしている中のモンシロチョウ。





[大人のための植物観察会で:]
 [54] 涼しげな 2017/05/31 [PM5:38:22] 
 みのかも健康の森の中の池に咲いていました。

 ここ数日、真夏のような暑さの日、蒸し暑い日が続いていますが、一瞬その暑さを忘れてしまうくらいの「白」でした。





[涼しげな:]
 [55] キリの花 2017/05/07 [PM5:43:45] 
 今の時期、キリの花の薄い紫色も、フジの花とともに目に飛び込んできます。

 文化の森の南側で。残念ながら、道路の際にあるので、近づくことができませんでした。





[キリの花:]
 [56] 銀竜草 2017/05/06 [PM2:41:49] 
 梅雨に入る少し前の今の時期になると、北の森にギンリョウソウ(銀竜草)が生えてきます。湿り気のある土に生えます。

 今年もひっそりと。





[銀竜草:]
 [57] アベマキの花が咲いています。 2017/04/27 [AM11:49:29] 
 秋になると実をつけるアベマキの花が目立つようになりました。

 垂れ下がっているのは、雄花序(ゆうかじょ)。

 芝生広場の時計の西側のアベマキは、垂れ下がる姿がよく見えます。
 生活体験館の北側の塚のそばの木は、近くで観察することができます。





[アベマキの花が咲いています。:]
 [58] タンポポの綿毛 2017/04/20 [PM3:46:44] 
 タンポポの黄色が目に飛び込んでくる季節ですが、ふわふわの綿毛も見頃の株がありました。

 雨にあたっていなく、飛んでいったタネもないので、すべてのタネが付いている綿毛。





[タンポポの綿毛:]
 [59] ヒサカキの花も盛りです。 2017/04/05 [PM1:51:33] 
 森の中の散策路を歩くと、ふわっと、独特の香りがします。
 すずなりに咲いている、小さなほんのり黄色かかった白いヒサカキの花。





[ヒサカキの花も盛りです。:]
 [60] 大人のための観察会で 2017/03/20 [PM12:06:10] 
 3月18日は、大人のための観察会@健康の森から山之上富士のふもとでした。

 スミレなど春の草花を観に行きました。

 コナラが芽を出し始めています。
 次の世代の準備に入っています





[大人のための観察会で:]
≪前へ 01 02 03 04 05 06 07 08 次へ≫