TOP >みのかも文化の森とは
  森の日記
≪前へ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ≫
 [1] 「土橋重治宛 明智光秀書状」特別公開展示について 2017/10/13 [AM10:06:32] 
10月1日(日)、美濃加茂市民ミュージアムでは、9月に「本能寺の変」後の史料として報道されました「土橋重治宛 明智光秀書状」について、特別公開展示を行いました。
朝から開館時間に合わせ、大勢のお客様にご来館いただきました。市内や岐阜、犬山、小牧などの市外、遠くは京都・大阪からのお客様もお越しいただきました。1日で、590名の来館者がありました。
11時、14時の2回、美濃加茂市民ミュージアムの可児光生館長が資料の解説を行いました。この資料が美濃加茂市に寄贈されたいきさつ、古文書の読み方、この書状の重要性などを解説しました。この午前・午後の解説はともに、座席120席は満席となりました。来館者の皆さんは熱心にメモを取ったり、うなずいて聞いたりしていました。解説が終わったあとも可児館長に古文書の文字のわからないところや時代背景について疑問のところを質問されていました。来館者の皆さんはこの文書を通して、戦国時代の歴史ロマンに浸っていました。




[「土橋重治宛 明智光秀書状」特別公開展示について:]
 添付情報
光秀書状  [jpg:]
書状解読文  [pdf:]
 [2] 森のJAZZコンサートを開催しました! 2017/08/30 [AM11:08:02] 
8月27日(日)午後6:30から、エントランスホールにて森のコンサートを開催しました。今回は夏の夜にぴったりの「JAZZ」です♪


アルトサックスの竹中優子さんを中心とした、竹中優子カルテットによる演奏は、今までになく質の高い演奏でした。

演奏曲目はジャズ演奏を聴くのが初めてのお客様が多いことを想定したスタンダードな曲が多く、お客様の拍手や手拍子と相まって、大変盛り上がったコンサートとなりました。

演奏の合間で、竹中さんによるジャズの聴き方、楽しみ方のトークもあり、多くのお客様から「素晴らしい演奏だった」「楽しいコンサートだった」とお褒めの言葉をいただきました。

過ぎゆく夏の夜に、
素敵な時間をお過ごし頂けたのではないでしょうか。

次回の森のコンサートもお楽しみに♪





[森のJAZZコンサートを開催しました!:]
 添付情報
写真①  [jpg:]
写真②  [jpg:]
 [3] 文化の森の自習室で学習してスタンプを集めよう! 2017/08/10 [PM2:51:16] 
学生のみなさん、夏休みの宿題は進んでいますか?

文化の森では夏休み期間中、2階の情報学習室を自習室として開放し、みなさんの学習を応援しています。
自習室内には職員からの応援メッセージと、
休憩時間に息抜きしてもらえるよう、学芸員出題のクイズや、ほっと一息つける文化の森のおすすめスポット&展示物などを紹介しています。
ぜひご覧くださいね!(写真①)


また8/3から「自主学習室利用ポイントカード」を始めました♪
自習室ご利用1回につき、総合案内にてスタンプを1つ捺印させて頂きます。(1日に1つまで)
スタンプ5つで当館ミュージアムショップで販売中の「文化の森オリジナル付箋」をプレゼント!<引き換えは8/31まで>(写真②)


学生さんから一般の方までどなたでもご利用頂けます。
文化の森の静かな涼しい空間で学習しませんか?

ポイントカードは総合案内にて発行いたします。

*********************************

自習室ご利用案内

●7/21(金)~8/31(木) AM9:00~PM5:00

※当館休館日(毎週月曜日)と8/24(木)、25(金)を除く


※12時~13時は自習室内での食事可(それ以外の時間帯は飲み物のみ可)





[文化の森の自習室で学習してスタンプを集めよう!:]
 添付情報
①自習室と応援メッセージパネル  [JPG:]
②ポイントカードとプレゼントの付箋(写真右上)  [JPG:]
 [4] 美濃加茂市クールビズポロシャツ販売中です 2017/07/01 [AM10:14:18] 
本日より文化の森で「美濃加茂市クールビズポロシャツ」の販売を開始しました。

色は白と黒の2色、白は左胸に黒のヤギさん、黒はシルバーのヤギさんが刺繍されています。サイズはSS、S、M、L、LLの5サイズ展開、合計100着の限定販売となります。
気になる方は是非、売り切れる前に文化の森へお越しくださいませ(*^_^*)


販売期間:平成29年7月1日(土)~同年8月31日(木) ※なくなり次第終了
販売価格:2,000円(消費税等込)

また、クールビズポロシャツの刺繍のかわいいヤギさんの図柄は美濃加茂市のHP(下記リンク情報参照)からダウンロードしてご使用いただけるそうですよ!





[美濃加茂市クールビズポロシャツ販売中です:]
 添付情報
ディスプレイ①  [jpg:]
ディスプレイ②  [jpg:]
 リンク情報
 クールビズポロシャツの販売と「ヤギさん」図柄のダウンロード  
 [5] 渡辺泰幸さんの作品展示をアートボランティアさんがお手伝い 2017/06/27 [AM11:59:01] 
みのかも文化の森では、7月1日(土)~8月27日(日)まで
「収蔵品展」を開催いたします。

その中の展示のひとつ、
美濃加茂市出身の造形作家・渡辺泰幸さんの作品展示を、
アートボランティアさんがお手伝いしました。


渡辺泰幸さんは陶を素材とした作品制作を続けています。
成形の後、焼成した作品は太鼓のように叩いたり、鈴のように揺らして音を愉しむことができます。
土の素朴なかたち、見て、触れて、音を聞く。
渡辺泰幸さんの作品は私たちの様々な感覚を刺激してくれます。


今日は、森の木々に150個の白い陶の風鈴を結び付ける作業を、渡辺泰幸さんと一緒にアートボランティアさんが行いました。作業の合間にも、風がそよぐと涼やかでやさしい音が響いていました。



今回の収蔵品展は、美術工芸展示室だけでなく、森の中にもこのようなアート作品が展示されます。


7月1日(土)から始まる「収蔵品展」にぜひお越しくださいませ。








[渡辺泰幸さんの作品展示をアートボランティアさんがお手伝い:]
 添付情報
白い陶の風鈴  [jpg:]
森の中の風鈴  [jpg:]
森の中の風鈴  [jpg:]
 [6] 森のコンサート「木の音色にのせて」レポート 2017/05/17 [AM9:35:27] 
5/13(土)エントランスホールにおいて、森のコンサート「木の音色にのせて」が開催されました♪
出演は、「もくねいろ」
    加藤 史也(マリンバ)・小鍛治 景子(マリンバ)・森 勇樹(ds)


「もくねいろ」は、ロビーコンサートだけでなく、オーケストラのメンバーとしても活躍されています。

当日は、約120名のお客様がご来場され、お子様からご年配の方まで幅広い年齢層に合わせ、スタンダードな曲から、お子様向けの曲、ポップス、演歌にいたるまで幅広いジャンルの曲を演奏して頂きました。


「となりのトトロ」の演奏が始まると、小さなお子様から「これ知ってるー!」というかわいいつぶやきも聞こえました♪

また曲の合間のトークでは、NHK「今日の料理」のテーマ曲、(頭の中に浮かびましたか?)を演奏してくださり、特に女性のお客様から上品な笑い声が起こりました。
マリンバといえば、そう、あの、木の優しくて軽やかな音です♪

当日演奏終了後にアンコールの拍手が鳴りやまず、「情熱大陸」のテーマ曲が演奏され、素晴らしい演奏が終了しました。


コンサート終了後には、多くのお客様から、演奏の質の高さに感動したという声が寄せられました。

みのかも文化の森では、今後も皆さんにご満足いただける森のコンサートを企画していきます。
次回は、8/27(日)に予定しております。
詳しくは、6月中旬に発行されるミュージアムニュースまたはホームページでご確認ください♪




[森のコンサート「木の音色にのせて」レポート:]
 添付情報
こんな雰囲気♪  [jpg:]
 [7] 現在開催中「森のコレクション展&織田信長の東美濃攻略 加茂に生きた武将たち展」インタビューレポート 2017/05/10 [PM4:21:18] 
5月9日(日)、現在開催中の企画展「文化の森コレクション展&
織田信長の東美濃攻略 加茂に生きた武将たち展」をご覧になったお客様に
インタビューさせて頂きました♪
今回ご協力頂いたのは30代女性のお客様です。


Q1.どこからお越しになりましたか?

  名古屋市内です。



Q2.交通手段は?

  JRと、美濃太田駅前からは電動自転車をレンタルして来ました。



Q3.今回の企画展は何でお知りになりましたか?

  文化の森で働いているスタッフのFace Bookで。



Q4.企画展をご覧になった感想をお聞かせください。

  朱印状や書状という堅いイメージの歴史的な資料の展示でありながら、
  
  私が受け身な感じで一方的に見せられたという印象ではなく、
  
  現代の言葉で訳してあることはもちろん、その朱印状が書かれた時代背景の
  
  説明があったり、Q&A形式で朱印状に関する疑問に対しての解答が
  
  展示してあることで、まるで展示品とあるいは当時の人々と対話をする

  かのように一つ一つをじっくりと見ることができました。

  そのような展示方法の工夫が良かったと思います。



Q5.印象に残った展示品は?

  豊臣秀吉が徳川家康に宛てた体調を気遣う自筆の書状です。

  「自分は体調が良くなりました。あなたはどうですか?

  私のことは心配しないでください。」と何度も繰り返し書いてあるところに、

  秀吉の人柄やプライベートな手紙であることを感じることができました。





今回インタビューにご協力くださったお客様は、美濃加茂市が好きで、時々文化の森へお越しくださるそうです。

「美濃太田駅から電動自転車で来ると、待ち時間がない分バスより早いし、自転車に乗ってくると気持ちがいいですよ」とおっしゃっていました。

お帰りの際にお声かけさせて頂いたところ、企画展をご覧になったあとは、文化の森
の中にあるカフェでまったり過ごされたそうです。

今回インタビューさせて頂いたことで、Face Bookの活用度の高さ、影響力の大きさを実感しました。
また、お客様のお話から、「展示品」というのは、「古いことがスゴイ」とか
「有名なモノ」「貴重なモノ」を見るということばかりに目が行きがちですが、
それぞれのお客様が、それぞれのペースでじっくり、ゆっくり、
展示品と向かい合うことで思いを馳せたり、想像しながら見てもいいんだなぁと、
改めて気づかせて頂きました。


市では観光目的で美濃加茂市へお越しになった方へ、電動自転車のレンタルサービスを行っております。
詳しくは下記リンク情報からご確認ください。



市外、県外からのお客様、レンタサイクルを利用されての文化の森へのご来場は
いかがでしょうか?
「文化の森コレクション展&織田信長の東美濃攻略 加茂に生きた武将たち展」は
6月4日(日)まで開催中です。


皆様のお越しをお待ちしております♪




[現在開催中「森のコレクション展&織田信長の東美濃攻略 加茂に生きた武将たち展」インタビューレポート:]
 リンク情報
 1dayレンタサイクルのご案内 
 [8] 日本一受けたい授業!文化の森は「森の学校」 2017/05/04 [PM4:44:59] 
平日のほぼ毎日、文化の森には主に市内の小学校の児童さんが、
ここでしかできない学習をするためにやってきます。

例えば、4月26日(水)に来館された市内下米田小学校6年生のみなさんの
学習テーマは、社会科の「縄文のむらから古墳のくにへ」でした。


文化の森での学習の特徴は、4者によるティームティーチング!
来館する小学校の担任の先生&文化の森の学習係&文化の森の学芸員&文化の森のボランティアさんが、子ども達の学習に携わります。


エントランスホールで行われた朝の会を、総合案内から見ていて、
今日はこんな言葉が印象的でした。


ボランティアさん(男性):
「おじさんはね、子どもの頃勉強が嫌いで、あまりやりませんでした。(笑)」
だから今日はみんなと一緒に勉強がしたくて、ここに来ました」


こんな本音トークをしてくれる大人に、一気に親近感アップ!
とはいえ、人生経験豊富なボランティアさんから子ども達が学ぶことは無限大!!



学習係:
「社会科の教科書には青森県の遺跡が紹介されているけど、そんな遠くまで行かなくても、実はみんなが住んでいる下米田町や、ここ文化の森にも遺跡があるんだよ」


子ども達の目はキラキラ!
そして、いよいよ専門家である学芸員によるお話が始まります。



事前に学校の担任の先生と文化の森の学習係が、テーマに沿った学習計画を立案し、文化の森にある「本物」を使って、
いろいろな経験や知識のある人たちが、
子ども達に伝え、体験を通して感じてもらう。
そんな学校教育と連携した学習が、ここにはあります♪


文化の森は「森の学校」!
こんな授業が受けられる子ども達が本当にうらやましい♪

これなら、社会科好きになる!博物館も好きになる!



以上、文化の森の学校活用の紹介でした。








[日本一受けたい授業!文化の森は「森の学校」:]
 添付情報
土器整理室にて  [JPG:]
常設展示室にて  [JPG:]
森の中の住居跡見学  [JPG:]
 [9] みのかもannual2017 2017/05/03 [PM12:51:40] 
2008年に「野外研究」という名で始まった、みのかも文化の森の「森」を舞台にした作家たちが自ら作る美術展。
愛知県や岐阜県を中心に活動する数十人のアーティストが集まり、毎年春に開催してきました。
作家たちは森という非日常の場に身を置き、自分の作品に対する思考を巡らせます。
そして空間を選び、その場でそれぞれの「実験」に挑みます。
白い壁の室内では実現できない展示方法を試す、普段とは全く違う作品を制作する、現地での滞在制作を行うなど、自分の新たな可能性を開拓します。
生まれたての作品との出会いをお楽しみにいただければ幸いです。

■ 会 期 :5月2日(火)~4日(木)
■ 会 場 :敷地内野外・美術工芸展示室・タワー・緑のホール 他
■ 観覧料:無料

【オープニングパーティー】
■ 日 時 :5月3日(水)14:00~16:00
■ 会 場 :生活体験館「まゆの家」
■ 参加料:無料

【アートトレッキングツアー】
森の中を散策しながらみつけた作品の不思議な魅力を探ります。
アーティストがいたらヒミツがきけるかも。
※雨天の場合は室内での活動になります。

■ 日 時 :5月4日(木)14:00~16:00
■ 集合場所 :みのかもannual受付
■ 参加料:無料




[みのかもannual2017 :]
 添付情報
森の中で受付中  [JPG:]
「葉っぱの向こうの空と海」 塚本南波  [JPG:]
今井裕基 作品  [JPG:]
「A Bruit Secret?/秘めたる音に」 小川格  [JPG:]
(オープニングパーティー準備中)  [JPG:]
 [10] 「第17回 春・朗読の一日」レポート 2017/04/26 [PM4:30:17] 
4月23日、
新緑がまぶしいみのかも文化の森で「第17回 春・朗読の一日」が開催されました。


美濃加茂市、可児市、各務原市、名古屋市などから約250人の来場者が朗読の世界に浸りました。

今回出演したのは45組、151人。宮沢賢治『永訣の朝』、坪内逍遙『国語読本』、森鴎外『舞姫』など、この日のために練習を重ね、思い思いのスタイルで気持ちを込めて発表をしました。


「発表会に向けて、練習を重ねてきました。この催しを心待ちにしています。」

「色々な団体の朗読が聴けて刺激を受けました。」

などと参加した皆さんからお話を伺いました。

また、来場者の皆さんは朗読の物語の世界に引き込まれ、作品により声を出して笑ったり、胸をぎゅっと締め付けられたり、その魅力に酔いしれていました。

出演者・観客の皆さんそれぞれ朗読三昧の一日を楽しみました。




[「第17回 春・朗読の一日」レポート:]
 添付情報
写真①  [JPG:]
写真②  [JPG:]
 [11] いつも文化の森がキレイなわけ♪ 2017/04/19 [PM4:33:15] 
ピカピカのエントランスホールの床、そしてガラス窓。
見上げれば差し込むこもれびに思わず深呼吸したくなる…そんな森の散策路。


オープンから今年で17年目を迎えるみのかも文化の森ですが、
毎日こんな風に気持ちの良い環境でお客様をお迎えできるのは、
シルバー人材センターの清掃スタッフの皆さんのおかげなんです♪


広いエントランスホールのモップがけに始まり、ガラス拭き、
展示室に展望塔や屋外施設、貸館のお部屋からお手洗いに至るまで、
お客様がご利用されるすべての場所を毎日キレイにしてくださっています。


さらに、お客様に気持ち良く森を散策して頂けるように、暑い夏も寒い冬も、
散策路の掃除や草取りをしてくださっています。
何しろ広い文化の森ですから、天候も考慮しながら清掃計画を立て作業をしてみえます。


また清掃作業中、お客様からのお問い合わせに手を止め、
笑顔で応えてくださっている場面もよく見かけます。
清掃だけではなく、案内スタッフとしての役割も果たしてくださっています♪


こんな風に、文化の森はたくさんの方々に支えられ、今日も開館しています。
皆様のお越しをお待ちしております♪






[いつも文化の森がキレイなわけ♪:]
 添付情報
皆さんのおかげです①♪  [JPG:]
皆さんのおかげです②♪  [JPG:]
皆さんのおかげです③♪  [JPG:]
 [12] アートな1日講座「タックシール版画作り」レポート 2017/04/19 [PM4:00:25] 
4/16(日)13:00~16:00に工芸室において「タックシール版画作り」が行われました。

タックシール版画とは、インクが付いた紙(裏面はシールになっています)をお好きな形に切り貼りしてデザインし、ポストカードサイズの原版をつくります。

版画なので文字や数字は反転させてくださいね。
そして原版が完成したら、ポストカードサイズの専用の紙を水に濡らし、
原版の上にのせ、新聞紙を重ねて、ばれんでこすります。

すると…、水によって原版のインクが溶け出し、紙にインクがうつります。
とっても鮮やかな発色で、皆さんとってもキレイなポストカードが完成しました♪

少人数でアットホームな雰囲気の中、当館学芸員の指導を受けながら、
みなさん楽しくタックシール版画作りを楽しんでみえました♪

次回のアートな1日講座は5/28(日)に「陶芸」を行います。参加料は1,000円です。
美しい森を眺めながら、アートな1日を過ごしてみませんか?
詳しくは、森のカレンダーのページをご覧ください。








[アートな1日講座「タックシール版画作り」レポート:]
 添付情報
こんな雰囲気♪  [JPG:]
夏ポストカード完成!!  [JPG:]
 [13] 文化の森「ビーカフェ」の素敵なモーニング♪ 2017/04/16 [AM9:58:47] 
春を迎えた文化の森でおすすめの過ごし方の一つを紹介します。
文化の森には、森を眺めながら過ごせる素敵なカフェ「ビーカフェ」があります。
これからの季節は断然テラス席がおすすめです♪

鳥のさえずりが聞こえる静かな森。そんな素敵なロケーションの中で頂く珈琲は、ほっと一息つきたい時にはぴったりで、ついつい長居してしまいそう♪

am9:00~am11:00まではモーニングサービスとして、ドリンク代のみで「ミックスサンドセット」のプレートがついてきます。(写真①)(トーストセットも選べます)

また、+250円で「スモークサーモンのサンド」or「BLT(ベーコン+レタス+チーズ)サンド)にバージョンアップできます。(写真②)

この季節におすすめのテラス席ですが、目の前が森ゆえに、時々小さな虫たちがテーブルに遊びにきます。彼らが棲む森に私たち人間がおじゃましているという気持ちで、どうぞ優しく接してあげてくださいね。

ちなみにテラス席は3テーブルございます。

みなさまのお越しをお待ちしております♪

☆定休日は月曜日(月曜日が祝日の場合は営業し翌火曜日がお休み)
※文化の森の休館日と同じです







[文化の森「ビーカフェ」の素敵なモーニング♪:]
 添付情報
写真①  [JPG:]
写真②  [JPG:]
 [14] もうすぐひなまつり 2017/02/26 [AM10:10:52] 
生活体験館「まゆの家」でおひなさまをかざっています。
4/2(日)まで。




[もうすぐひなまつり:]
 添付情報
今年は7段かざりになりました  [JPG:]
 [15] ヤギさんがきました 2017/02/26 [AM9:42:37] 
現在、文化の森のエントランスホールにて、土木課の方々によるヤギさん共同研究に関するパネル展示を開催中です。(3/5(日)まで)

昨日、緑のホールにて実績報告会が行われた関係で、除草隊のヤギさん3頭が文化の森にやってきました。
天気もよくあたたかな日和のなか、おいしそ~にむっしゃむっしゃと藁を食べるヤギさんたち。みんなに囲まれておりこうさんにアイドルしてました。

いつもは昭和村の動物エリアにいるのでよかったら会いにきてくださいね。




[ヤギさんがきました:]
 添付情報
ふぅ。今日もちやほやされたぜ。  [jpg:]
おなかいっぱい…  [JPG:]
かっこよく撮ってよね。  [jpg:]
パネル①  [JPG:]
パネル②  [JPG:]
 [16] 本日「BOOK CAFE」 開催中です 2017/02/12 [PM12:21:01] 
図書館と文化の森にある本を木々に囲まれた自然のなかでゆったり楽しみませんか?ハンモックや丸太、カフェもあります。
カフェは普段は館内にあるbee cafeが森の中に出店中。あたたかいコーヒーや美味しいホットサンドなど、この日だけのオリジナルメニューも登場!
寝転んだり座ったり、リラックスして読書を楽しみましょう♪
(スペースには膝掛けもご用意しておりますのでお使いください)

●会 場 文化の森 まゆの家付近散策路
●時 間 10:00~15:00
●参加料 無料


「森のアトリエ」
森の素材をつかって葉っぱのしおり、小枝のオブジェを作りましょう。
バレンタインに贈る自分だけのメッセージカードも作れますよ?

●会 場 文化の森 工芸室
●時 間 10:00~15:00
●参加料 無料





[本日「BOOK CAFE」 開催中です:]
 添付情報
BOOK CAFEの様子  [JPG:]
森の中の本  [JPG:]
森の中の本2  [JPG:]
森の中のbee cafe  [JPG:]
森の中のbee cafe2  [JPG:]
小枝のオブジェ  [JPG:]
葉っぱのしおり  [JPG:]
 [17] アートな一日講座のお知らせ 2017/02/10 [PM2:36:53] 
2月26日(日)のアートな一日講座は「体感陶芸」です。
土を焼いてつくる陶芸の原点を体感します。出来上がった作品は後日お渡しします。(送付の場合有料)

●会 場 陶芸室
●時 間 13:00~16:00
●参加料 1000円
●定 員 20名
●持ち物 エプロン、タオル
●申込方法 当日受付(12:30より)





[アートな一日講座のお知らせ:]
 [18] ていねいな暮らし講座のお知らせ 2017/02/10 [PM2:32:42] 
2月25日(土)のていねいな暮らし講座は「ていねいな暮らしのお話」です。
昭和30年代、つつましくていねいな暮らしのあった頃をお話いただきます。お話:佐野綾目さん(伊深町)


●会 場 生活体験館
●時 間 13:30~15:00
●参加料 無料
●定 員 20名
●申込方法 当日受付(13:00より)





[ていねいな暮らし講座のお知らせ:]
 [19] 四季を食べる講座のお知らせ 2017/02/10 [PM2:28:59] 
2月19日(日)の四季を食べる講座は「芋あめとさつまいも料理」です。
芋あめ…食べたことありますか?ほんのり甘いおやつと料理を、ほんのり甘い記憶とともに…。


●会 場 生活体験館
●時 間 10:00~13:00
●参加料 300円
●定 員 20名
●持ち物 エプロン、三角巾
●申込方法 当日受付(9:30より)





[四季を食べる講座のお知らせ:]
 [20] 森の朗読会のお知らせ 2017/02/10 [PM2:24:46] 
2月18日(土)第169回 森の朗読会を開催します。
作品は芥川龍之介/作「羅生門」と杉本章子/作「春告鳥」です。

●会 場 緑のホール
●時 間 14:00~15:00
●参加料 無料
●定 員 120名





[森の朗読会のお知らせ:]
≪前へ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ≫