TOP >みのかも文化の森とは
  森の日記
≪前へ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ≫
 [21] 篠原芳子展関連イベントのお知らせ 2017/02/09 [AM9:45:07] 
<アーティストトーク>
●日時 2月11日(土)14:00~15:00
●会場 企画展示室、美術工芸展示室
●内容 作家が展示作品や今回の滞在制作について語ります。
●参加料 無料
●申込 当日13:30より受付


<ワークショップ>
「鉛筆と紙で心を耕す―自然との交歓」
●日時 3月5日(日)13:00~16:00
●会場 生活体験館「まゆの家」
●内容 自然から受けとった着想を手紙と捉え、そのイメージを元に絵に描く、篠原芳子の制作を追体験するワークショップです。森の中や養蚕民家を復元した「まゆの家」に身を置いて、その場で湧き起こってくる自分自身の感覚を、即興で表現してみましょう。
●参加料 無料
●申込 当日12:30より受付
●定員 20名(小学校高学年以上)




[篠原芳子展関連イベントのお知らせ:]
 [22] 篠原芳子展はじまります。 2017/02/09 [AM9:32:52] 
2月11日(土)より、企画展「静かなる森の要請 篠原芳子展」が開催されます。

「芸術と自然」をテーマにしたレジデンスプログラムです。今年度は自然に思いを巡らせ、「correspondence(文通、通信)」というテーマで、紙や顔料を使った平面や立体作品を制作する京都市在住の作家・篠原芳子(1956年~)を紹介します。
6月、森に囲まれた美濃加茂市民ミュージアムを訪れた作家は、森の中に建つアトリエに暮らして、自然との交信を森で実践するように滞在制作を開始しました。森が与えてくれる素材や、その場で思い浮かぶ心象を、作家は「手紙」と考えます。それは単なるメッセージに留まることのない、作品制作への強い「要請」であると捉え、「応え」として作品を制作します。展覧会では絵画や、書き綴った言葉の表現によって空間構成を試みます。
篠原芳子が手掛ける作品には、自然に相通じる根源的な力が宿っています。そこに託された作家の「言葉」に耳を傾けてみてください。人も自然として生きているのだと、気付かせてくれることでしょう。


●会期 2017年2月11日(土)~2017年3月20日(月)
    毎週月曜日休館(ただし祝日は開館し、直後の平日休館


●観覧料 無料




[篠原芳子展はじまります。:]
 添付情報
準備中。トンカントンカンと金槌の音がしてきます  [JPG:]
正面玄関  [JPG:]
 [23] フランス人のアンヌさんが来館 2017/01/18 [AM11:08:39] 
平成29年1月17日(火)午前中にフランス人のブルテズ・アンヌさんが来館されました。
ANA総合研究所との協力事業でヨーロッパのアルザス・欧州日本学研究所からアンヌさんは派遣されました。1月5日からおよそ1ヶ月間、美濃加茂市の観光・文化行事などに参加されます。
みのかも文化の森では、企画展示、常設展示、遺跡の森、小学校の学習見学など幅広く見学されました。企画展示室では特別に出土品の土器を優しく触れる体験をしました。また、日本のアニメツウということで、美術工芸展示室にある日本の漫画の祖ともいうべき岡本一平らの『東海道五十三次漫画絵巻』には特に目を輝かせてみていました。常設展示室の筏にはおっかなびっくりしながら渡来しました。いえ、トライしました。子どもたちの学習の場では、おはじきやお手玉、けん玉を優しく見守っていました。おはじきは同じような遊びをフランスでもしていたとのことでした。民具展示館では手回しの計算機を発見し、おじいさんが使っていたものと同じで、亡くなるまで使っていたとのこと。物を大事にする文化があるようでした。アンヌさんも古いものが大好きなようでした。
また、常設展示室にある人物のコーナーでは佐野えんねさんのパネルを見てとても感動されていました。戦中から美濃加茂へ疎開し、その後日本に根付いた生き方にとても感動されていました。アンヌさんのつづりはAnneで佐野えんねさんもおなじAnneでした。フランスとドイツで発音が違いますが、同じ名前にも感動されていました。
半日でしたが、美濃加茂の歴史を短時間で吸収し、私たちがまだ気付かない良いところを発見してくれることだと思います。




[フランス人のアンヌさんが来館:]
 添付情報
筏に乗るアンヌさん  [JPG:]
 [24] 四季を食べる講座のお知らせ 2017/01/08 [PM4:40:33] 
1月15日(日)の四季を食べる講座は「伝承料理の会が給食を作ったら…」です。
年々、進化している子どもたちの給食を、伝承料理の会が作ったらこうなります。

申込期間が延長しまして、現在もまだ受付可能です。ぜひご参加ください。


●会 場 生活体験館
●時 間 10:00~13:00
●参加料 300円
●定 員 20名
●持ち物 エプロン、三角巾
●申込方法 ハガキ、ご来館、文化の森講座申込専用メールフォームによる事前申し込み







[四季を食べる講座のお知らせ:]
 [25] アートな一日講座のお知らせ 2017/01/08 [PM4:29:35] 
1月29日(日)のアートな一日講座は「レザーで作るカードケース」です。
今回は大人のための講座です。レザーで名刺入れを作りましょう。

以前にもお知らせしておりましたが、申込期間が延長しましたので再度お知らせいたします。


●会 場 工芸室
●時 間 13:00~16:00
●参加料 3000円
●定 員 20名
●申込方法 ハガキ、ご来館、文化の森講座申込専用メールフォームによる事前申し込み
●申込期間 ~1月16日(月)必着

黒か茶色どちらかご希望の色をお教えください。








[アートな一日講座のお知らせ:]
 [26] 森の朗読会のお知らせ 2017/01/08 [PM4:20:04] 
1月21日(土)第168回 森の朗読会を開催します。
作品は畠山健二作/本所おけら長屋より「その壱 だいくま」です。

●会 場 緑のホール
●時 間 14:00~15:00
●参加料 無料
●定 員 120名








[森の朗読会のお知らせ:]
 [27] ていねいな暮らし講座のお知らせ 2017/01/08 [PM4:13:16] 
1月28日(土)のていねいな暮らし講座は「手縫い」です。
夜なべ仕事だった縫いものをします。親子歓迎。


●会 場 生活体験館
●時 間 13:30~15:00
●参加料 100円
●定 員 20名
●持ち物 はぎれ(あれば)
●申込方法 当日受付(13:00より)




[ていねいな暮らし講座のお知らせ:]
 [28] 謹賀新年 2017/01/08 [PM3:36:53] 
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


寒い日々が続いておりますが、お体崩されぬよう暖をとってあたたくしてお過ごしください。

まゆの家にも火鉢が出現しています。
すきま風が多い昔の日本家屋ですが、火鉢にあたっていればそれほど寒いとは思わなかったそうです。

ここで新聞を読んだり、お餅やお芋を焼いたり…
親の目を盗み、火鉢の上にしゃがんでお尻をあたためる、なんて子どももいたそうです。

石油ストーブの登場により次第に姿を消してしまいましたが、こんな光景も風情があってよいですね。








[謹賀新年:]
 添付情報
火鉢①  [JPG:]
火鉢②  [JPG:]
火鉢③  [JPG:]
干し柿も熟し中  [JPG:]
 [29] 文化の森のホームページがリニューアルしました 2017/01/06 [PM4:09:10] 
本日より、みのかも文化の森のホームページのトップ画面がリニューアルしました。
全体がワイドになり、各項目も見やすくなりました。
ミドルウエアのソフトを変更して、より快適な運営が可能となりました。ミドルウエアというとちょっと難しいですね。ホームページ上のいろいろなデータを監理して、使いやすくしてくれすものです。内部の環境は比較できないのでわかりづらいでが、少し早く動いてくれると思います。
これからもみのかも文化の森のHPをご利用ください。






[文化の森のホームページがリニューアルしました:]
 添付情報
文化の森のホームページがリニューアルしました  [jpg:]
 [30] 年中行事「門松立て」 2016/12/23 [PM5:05:21] 
まゆの家の玄関に門松が立ちました。

今年は全然雪が降らないため実感が湧きませんがもう年末なんですね!びっくりです。

文化の森は12月29日(木)~1月3日(火)までの6日間お休みさせていただきます。

みなみな様、今年もどうもありがとうございました。また来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
少し早いですが…どうぞよいお年を!





[年中行事「門松立て」:]
 添付情報
どん!  [JPG:]
どーーん!  [JPG:]
 [31] クリスマスコンサート開催しました 2016/12/23 [PM4:32:15] 
12月18日(日)、エントランスホールにおきまして毎年恒例のクリスマスコンサートが開催されました。

今年は、坂祝町を拠点に国内外で活動するギターリストのトム兼松さん、美濃加茂市を拠点に岐阜・愛知を中心に活動するジャズシンガーの中根かおりさん、岐阜市で活動する社会人ジャズバンドのクアドリフォリオ・ピックアップ・バンドの皆さんをお招きし、約140名の方々にご来場いただきました。

☆プログラム☆
スペイン→A列車で行こう→スマイル→ホワイトクリスマス→ありのままで→ジングルベル→星に願いを→クリスマスメドレー→Love→見上げてごらん夜の星を
【アンコール】スタンドバイミー→きよしこの夜

華麗に響き渡る音楽に聞き入ったり、手拍子でリズムに乗ったり。「Love」ではL・O・V・Eやハートマークを手で作るコール&レスポンスにもみなさん乗ってくださり(恥ずかしがりながらもやってくださる方々がかわいらしかったです。)「見上げてごらん夜の星を」と「きよしこの夜」はみんなで合唱♪楽しく心温まるコンサートでした。

出演者の皆様、お集まりいただきました皆様ありがとうございました。




[クリスマスコンサート開催しました:]
 添付情報
コンサート①  [JPG:]
コンサート②  [JPG:]
中根かおりさん 高らかに歌い上げてくださいました  [JPG:]
トム兼松さん さすがのテクニックです  [JPG:]
バンドの皆さん 盛り上げてくださいました  [JPG:]
 [32] 朗読フェスティバル開催しました 2016/12/23 [PM3:33:24] 
少しお日にちが経ってしまいましたが…
12月10日(土)・11日(日)に第20回みのかも「声のドラマ」の会 朗読フェスティバルが開催されました。

放送表現教育センター講師の戸村美智子氏と岡摂子氏の公演を2日間と、受講生による公演を日曜日に行いました。

講師の公演はまさにさすがの熱演で、ご覧の皆様から「物語に引き込まれました」「感動しました」「素晴らしかったです」との感想をたくさんいただきました。

受講生の皆さんは年に1回の大発表会ということで、毎月行われる森の朗読会とは違った緊張感の中で挑まれ、各々の積み重ねた練習の成果を発揮しておられました。
個々のクラスごとにカラーがあったり、何人かで読み繋ぐことで一体感が生まれたり。クラスは毎年シャッフルされるため、今しか生まれないものがそこにはありました。終わったあとは講師の方との反省会が行われ、さらに上へ上へと皆さん熱心に活動されています。

発足から17年が経ち、現在110名もの受講者がいるみのかも「声のドラマ」の会。文化の森はこれからも皆さんの活動を応援しています。

受講生の皆さん、講師のお二人、そしてお集まりいただきました皆様ありがとうございました。




[朗読フェスティバル開催しました:]
 添付情報
受講生の公演①  [JPG:]
受講生の公演②  [JPG:]
受講生の公演③  [JPG:]
講師の公演①  [JPG:]
講師の公演②  [JPG:]
反省会の様子  [JPG:]
楽しそうです  [JPG:]
 [33] 文化の森オリジナルカレンダー販売中です 2016/12/09 [AM11:15:39] 
文化の森おなじみの絵本作家、高畠純さんによるオリジナルカレンダーを今年も販売しています。

酉年といえばにわとりを思い浮かべますが、高畠さんの手にかかればダチョウとペンギンというユニークさ。1年分が1枚に収まっていて、年間を見たい時にとても便利です。文化の森の事務所でも休憩所のドアに貼っていて、休憩のときに見ると和みます。

お値段も1枚150円ととてもお手頃です。




[文化の森オリジナルカレンダー販売中です:]
 添付情報
ブルーが映えます  [JPG:]
 [34] アートな1日講座のお知らせ 2016/12/09 [AM10:42:19] 
次回のアートな1日講座は「レザーで作るカードケース」を行います。
今回は大人向けとなっております。

レザー製品は、ひとつ持っているだけでもシックで大人な雰囲気になりますよね。シンプルなデザインで、他の小物との相性もよく使いやすいです。そしてなにより、使えば使うほどなじんで味わいが出るのが良いですね。

既成品はたっくさんありますが、自分で作れる機会はなかなかないかと思います。自分が作ったものを、愛着を持って長く使いこむ。そしてどんどんなじませてゆく。そんな小物との出会いの場に、ぜひこの講座をご利用いただけたらなと思います。


●日時 2017年1月29日(日)
●時間 13:00~16:00
●場所 工芸室
●定員 20名
●参加料 3,000円
●申込方法 ハガキ、ご来館、文化の森講座申込専用メールフォームによる事前申し込み
●申込期間 12月9日(金)~12月25日(日)必着
※申込多数の場合は抽選となります

皆様のご参加、お待ちしております。




[アートな1日講座のお知らせ:]
 添付情報
こちらが見本です  [JPG:]
裏面の刺繍がかわいいです  [JPG:]
ショップのカードを入れたり、名刺入れにしたり  [JPG:]
 [35] 展示のお知らせ 2016/12/06 [AM11:35:12] 
今週末の土曜日より、展示が2つはじまります。

≪モノを蒐めるまなざし -美濃加茂市・早稲田大学所蔵コレクション-≫

早稲田大学にある會津八一(あいずやいち)記念博物館には、會津八一をはじめとする、東洋美術史研究等に携わった研究者の蒐集品として、様々な分野の資料・作品が収蔵されています。美濃加茂市でも戦後、この地域の地道な調査や記録、資料収集を続けた研究者がいました。本展では、そのような研究や資料蓄積の成果、学術研究に邁進した「蒐集者」の姿を紹介します。
【美濃加茂市・早稲田大学文化交流事業】


●会期 12月10日(土)~2017年1月29日(日)
●会場 企画展示室
●観覧料 一般…200円(20名以上の団体は100円)
     かるちすとくらぶ会員及び高校生以下…無料


****

≪特集展示「道を行く」≫

岐阜県博物館協会創立50周年記念事業「街道/ネットワーク」の一事業として行います。「道」をテーマにした収蔵美術品を展示します。

●会期 12月10日(土)~2017年1月29日(日)
●会場 美術工芸展示室
●観覧料 無料

只今準備真っ最中です。ぜひお越しくださいませ。




[展示のお知らせ:]
 添付情報
モノを蒐めるまなざしチラシ  [png:]
東海道五十三次漫画絵巻より 岡本一平 三島  [jpg:]
 [36] 朗読フェスティバルのお知らせ 2016/12/06 [AM10:54:44] 
早くも12月になってしまいましたね。
文化の森の展望室から、天気の良い日には白く堂々とした御岳山が望めます。
こちらの初雪はいつでしょうか。ちょっとわくわくします。

さて、今年も残すところわずかとなりましたが、文化の森ではまだまだ催し物がございますのでご案内させていただきます。

≪第20回 朗読フェスティバル≫
みのかも「声のドラマ」の会、朗読講座受講生の朗読と講師の公演を行います。

●講師の公演

【日時】12月10日(土)、11日(日)
【時間】16:00~
【会場】緑のホール
【出演】戸村美智子・岡摂子(いずれも放送表現教育センター講師)
【入場料】1,000円(自由席)

****

●朗読講座受講生の朗読

【日時】12月11日(日)
【時間】10:00~
【会場】緑のホール
【作品】「?-シエ(xie)」浅田次郎/作
    「女、ふたり」あさのあつこ/作
    「オニババと三人の盗賊」重松清/作
    「白猫おみつ」斎藤隆介/作
    「返信」高田郁/作
    「雛の花」浅田次郎/作
    「かんこま」田辺聖子/作
    ※当日の出演順は未定です。

【入場料】無料


**受講生の声**

「かんこま」勘定が細かい男の話。最後のオチに向けて、8人心を一つにして頑張ります!(11クラスK・Gさん)

登場人物と語り手の体温が感じられるような朗読を目指し、言葉を大事に声に乗せて物語を紡いでいきます。(7クラスS・Kさん)

****

年に1度の大発表会に向けて、受講生の皆さんも熱を入れて練習に励んでおられます。ぜひご覧に来てください。




[朗読フェスティバルのお知らせ:]
 [37] 美濃加茂市美術展がはじまります 2016/11/15 [PM4:59:08] 
明日より、第61回美濃加茂市美術展を開催いたします。

一般の方から公募し、賞を受賞された作品を展示します。

会期:11月16日(水)~11月27日(日)
   9:00~17:00(最終日のみ15:30まで)
   ※11月21日(月)は休館日

ぜひ、お越しください。




[美濃加茂市美術展がはじまります:]
 添付情報
展示風景  [JPG:]
 [38] クリスマス商品販売スタートです 2016/11/11 [PM2:38:15] 
先日お知らせておりましたミュージアムショップが、本日よりクリスマス仕様になりました!☆★一気に華やかになり、職員もうきうきしております。

お菓子は全部で20種類と盛りだくさんです。チョコレートがメインで、焼き菓子などもちらほら。見てのお楽しみです(^^)

販売開始を明日12日(土)からとお知らせしておりましたが、本日お越しのお客様もご購入可能となりました。今のところまだ見えておりませんので、明日以降お越しのお客様もご安心を。

箱モノの商品は包装紙ラッピングも承りますので、お気軽にスタッフにお申し付けください。




[クリスマス商品販売スタートです:]
 添付情報
クリスマス1  [JPG:]
クリスマス2  [JPG:]
クリスマス3  [JPG:]
クリスマス4  [JPG:]
 [39] ショップのご案内 2016/11/09 [PM12:00:27] 
クリスマスのお菓子のショップ展開に向けて、今まで3か所に分けて展開していた文化の森オリジナルグッズと、今年の春に開催したミュージアムグッズ展から引き続き販売しております、全国各地の博物館や美術館から集めたミュージアムグッズを、2か所に集約しました。もりっと盛りだくさんになりました。ミュージアムならではのおもしろいグッズがたくさんありますのでぜひご覧になってください。



[ショップのご案内:]
 添付情報
ショップ1  [JPG:]
ショップ2  [JPG:]
ショップ3  [JPG:]
 [40] 今年もやってきました 2016/11/09 [AM9:35:27] 
毎年この時期になるとテレビから何度も流れてくる「クリスマスが今年もやぁってくる~♪」

ここ、文化の森にもちゃんと、やってまいりました!大手お菓子メーカーのクリスマスパッケージのお菓子たちが、ダンボール22箱という大所帯で無事、納品されました!

納品書と照らし合わせるため1箱1箱開封したのですが、どれもとってもかわいいです!!店頭にどう並べようかとわくわく。早く皆様にお見せしたくてわくわく。ショップのスペースも確保し、クリスマスツリーも飾り、準備は万端です。

今週末の☆11月12日(土)☆開館時間の9時より販売を開始いたします。

大人気で、昨年は12月17日で完売いたしました。ですのでお早めにお越しいただくことをおすすめいたします。ぜひお手に取ってみてください。

販売開始まであと少し、どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。


このクリスマスパッケージデザインは、岐阜県瑞浪市を拠点として活躍するイラストレータの中山尚子さんが原画を手がけています。今年リニューアルしたパッケージの原画を、当館のエントランスホールにて展示いたします。

こちらの原画展は来週11月16日(水)~12月25日(日)までで、観覧は無料です。ぜひお越しくださいませ。





[今年もやってきました:]
 添付情報
納品されました  [JPG:]
ショップも待機中  [JPG:]
≪前へ 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 次へ≫